内反症・外反症の概要・原因と主な治療方法 | 明石の田村眼科|日帰り白内障・硝子体・涙道再建・緑内障・眼瞼下垂手術

内反症・外反症

医療法人瞳潤会 田村眼科

内反症・外反症

19EYE DISEASE

明石イメージ

内反症・外反症とは?

内反症とは瞼が内側に巻き込まれている状態のことで、外反症とは反対に瞼が外側にめくれている状態のことです。

いずれも、瞼が正常ではない状態になる疾患のことを指します。

ただし内反症には2種類あり、眼瞼性内反症と睫毛内反症に分けられます。

睫毛内反症とはいわゆる「逆さまつげ」のことで、必ずしも瞼が内側に巻き込まれているとは限りません。

睫毛の毛根が内側を向いていることで生じる場合もあります。

 

しかし眼瞼性内反症とは睫毛の毛根ではなく、瞼自体が内側に向いてしまう状態のことです。

外反症には種類はなく、一律で瞼の縁が外側にめくれます。

以上のように内反症・外反症とは一部例外もあるものの、瞼が内側もしくは外側にめくれることを指します。

内反症・外反症の原因

内反症・外反症とは、それぞれ次のような異なる原因により引き起こされます。

睫毛内反症の原因:瞼周辺の皮膚や脂肪の過剰

逆さまつげと呼ばれる睫毛内反症の原因は、主に瞼周辺の皮膚や脂肪が過剰であることや、睫毛の毛根が内側に向いていることです。

正常な瞼であっても、周辺の皮膚や脂肪が過剰になることで睫毛を眼球のほうへと押しやってしまうことがあります。

先天的に睫毛の毛根が内側に向いている場合は、生まれつきの睫毛内反症となります。

睫毛内反症の状態である場合は、皮膚・脂肪・毛根のいずれかに原因があると考えられるでしょう。

眼瞼内反症の原因1:加齢による組織・筋肉のゆるみ

眼瞼内反症は加齢による瞼周辺組織や筋肉のゆるみにより引き起こされます。

瞼を正常な状態で支えるためには、組織や筋肉にたるみがないことが必要です。

しかし加齢により組織や筋肉にたるみ・ゆるみが生じると、下瞼を支えられなくなります。

根本的な治療をしなければ逆さまつげを抜いても、また眼球の方に向いた睫毛が生えてきます。

そのため、下瞼にある軟骨の切除や筋肉の縫合などの治療が必要です。

眼瞼内反症の原因2:先天性

加齢ではなく先天的に眼瞼内反となっている場合もあります。

先天性の場合は、生まれたときから瞼が眼球のほうに向いています。

成長するに従って改善されることも少なくありませんが、11~12歳になっても改善されないこともあります。

成長しても症状が緩和されない場合は、手術が必要です。

外反症の原因:顔面神経麻痺・手術の瘢痕

外反症は内反症とは違い、外的要因が原因で引き起こされることがあります。

加齢による組織のゆるみが原因となることもありますが、第7脳の神経麻痺や外傷、手術の瘢痕により外反症を発症することが少なくありません。

顔面に外傷が起きると、皮膚のひきつれが起こるため外反症になることがあります。

内反症同様に加齢が原因で起こることもありますが、外傷や顔面麻痺で引き起こされる可能性が高いことが内反症との違いです。

内反症・外反症の症状

内反症・外反症とはどのような症状を引き起こすのか、それぞれについて詳しく解説します。

内反症の症状

内反症では次のような症状が代表的です。

  【症状】
  • 目の異物感
  • 目の痛み
  • 目やに
  • 流涙
  • 充血
  • 乱視
  • 角膜の濁り
 

内反症では瞼が内側に向くとともに睫毛が眼球に触れ角膜に傷がつくことから、目の異物感や痛みなどが感じられます。

また、涙や目やにの量が多くなったり、充血が続いたりすることも見られます。

角膜の損傷が繰り返されると角膜が歪み乱視になったり、角膜が濁ったりする症状が現れることもあります。

外反症の症状

外反症では次のような症状が見られます。

  【症状】
  • 流涙
  • ドライアイ
  • 充血
  • 角膜損傷
 

外反症では涙の排出量が多くなる症状が現れます。

また、瞬きをしても完全に目を閉じられなくなり、乾燥により角膜に傷がつくことからドライアイ・充血などが起こることもあります。

症状が進行すると充血が酷くなり、「兎眼」と呼ばれる状態になることもあります。

兎眼になると角膜の濁りや視力低下など、副次的な症状が現れてくることも考えられます。

Copyright: Santen Pharmaceutical Co., Ltd.

内反症・外反症の治療方法

内反症と外反症の治療方法は主に切開手術となります。

軽度内反症の治療方法

軽度の内反症であれば、そのまま治療をせず様子を見ます。

角膜を保護するための点眼薬を処方し、逆さ睫毛による眼球の損傷などがあれば、原因となる睫毛を抜きながら経過観察を行います。

学童期の軽度内反症では手術を避けるため、経過観察となることがほとんどです。

内反症の治療方法1:皮膚切開法

内反症の治療は主に皮膚切開法による手術で行われます

皮膚切開法とは瞼の皮膚と筋肉を切除し、瞼板に縫合する手術のことです。

皮膚切開法による内反症の治療は再発の可能性が低くなり、高い効果が現れます。

局所麻酔による日帰り手術により実施可能ですので、極端に治療が長引くことはありません。

内反症の治療方法2:縫合法

内反症の治療には縫合法という方法もあります。

縫合法とは切開を伴わない手術であり、瞼の上から数箇所を糸で縫合する治療法のことで、埋没法とも呼ばれます。

術後の回復が早く、手術時間が短いことがメリットとなります。

 

しかし皮膚切開法とは違い再発する可能性が高く、適応できる症例が限られます。

コンタクトレンズを使用したり、目をこすったりすることで手術の効果が無くなる可能性がもあります。

また埋没糸が露出することによる見た目の問題や、感染症のリスクが高まることも考えられます。

軽度外反症の治療方法

外反症が軽度である場合は、内反症と同様に経過観察となることもあります。

人工涙液や潤滑剤を含む軟膏を処方し、眼球の乾燥を防ぎながら様子を見ます。

軟膏は眼球の乾燥を防ぐだけでなく、外的刺激から目を守る効果も発揮します。

そのため軟膏の塗布だけで症状が和らぐこともあるでしょう。

ただし外反により角膜潰瘍など眼球への損傷が生じる可能性がある場合は、視力低下を防ぐために手術による治療を行います。

外反症で経過観察となるのは、あくまでも症状が軽度であり眼球への悪影響が見られない場合のみです。

外反症の治療方法

外反症の治療では切開手術が基本です。

 

症状が進行している場合は水平眼瞼短縮術で下瞼の一部分を切除し、皮膚を少なくすることで外側へのめくれを改善させます。

切除する範囲や量、位置は症状により変わりますが、いずれにしても術後の痛みはそれほど感じられません。

抜糸は一通常1~2週間後に行われ、術後の腫れは少しずつ治まっていきます。

症状がひどい場合は手術が必要

内反症・外反症とはどのような疾患か、原因や症状、治療方法がご理解いただけたと思います。

内反症・外反症ともに症状がひどい場合には手術が必要ですので、悪化する前に眼科を受診して検診を受けてください。

 

当院では、高度な専門性を有する医療スタッフによる医療の提供を通じて、白内障を主体としつつ数多くの目の病気への治療に対応しております。

特に白内障の日帰り手術に注力しており、多焦点眼内レンズも豊富に取り扱っております。その他硝子体、眼瞼下垂、涙道、緑内障等の治療についても日帰り手術が可能です。

また、明石市のみならず近隣地域(神戸市西区、神戸市垂水区、淡路市等)にお住まいの患者さんからも多くの治療のお問い合わせをいただいております。

 

目の病気にお悩みの方や、治療をご検討中の方はぜひ一度兵庫県明石市の田村眼科までご来院ください。