白内障手術のタイミング | 明石の田村眼科|日帰り白内障・硝子体・涙道再建・緑内障・眼瞼下垂手術

白内障の手術を受けるタイミングはこんな時

医療法人瞳潤会 田村眼科

白内障の手術を受けるタイミングはこんな時

50代の半数以上、80代にもなるとほぼ100%の人がかかると言われている目の病気「白内障」。

目の中にある水晶体が少しずつ濁ってくるのが特徴で、基本的な治療法は手術のみとなっています。

病院によっては日帰りで手術を行っているほど危険の少ないものですが、それでも手術ということには変わりないため、心配している方も多いでしょう。

そこで本記事では、手術の必要性やそのタイミングについて詳しく紹介していきます。

白内障手術を受けるべきタイミング

白内障と診断されたら、全員がすぐに入院して手術を受ける必要があるのかというと、そうではありません。

白内障の手術の適応と、手術を検討した方が良いタイミングについて具体的に見ていきましょう。

全員に手術が必要か?

通常の加齢性白内障の場合は、診断を受けたからといって即座に手術しなければならない病気ではありません。

他の疾患も認められない場合、治療については計画的に検討して、例えば日常生活に不便を感じてきた時が手術の時期という判断になります。

日頃から運転やスポーツなどをする方は早めの手術を希望する方が多いですが、家からあまり出ず細かい作業も行わないという方は手術を急がなくても良いと考えることもあるようです。

一般的に75歳以上の2人に1人が手術した方が良い状態になると言われているので、それも目安として知っておくと安心です。

失明の可能性もある

少し見えにくい程度で日常生活を送る上で困っていないという方は、急いで手術を受ける必要はないと紹介しました。

しかし「白内障は進行する」ということを、常に念頭に置いておいてください。

白内障と診断された後、点眼薬などで治療を行うケースも多いですが、現時点で手術以外の治療はいずれも「進行を遅らせる」ためのものであり、白内障を治すことはできません。

定期的な検査も受けず放置してしまうと緑内障を引き起こし、その結果最悪の場合失明してしまう可能性もあるので、すぐに手術を受けないとしても検診には通いましょう。

放置することによる手術への影響

白内障は水晶体が徐々に濁ってきてしまう病気ですが、濁りの出る場所によってタイプ分類されます。

その中の1つ「核白内障」は、水晶体の真ん中にあたる「核」と呼ばれる部分が少しずつ硬くなるのが特徴です。

この核白内障の場合、時間の経過とともに早いスピードで近視が進んでしまう上、核が硬くなりすぎると手術が難しくなるため、なるべく早く手術をした方が良いとされています。

こんな時は手術を検討しよう

では、実際はどのようなタイミングで手術を検討すべきなのでしょうか。

手術を受けた方が良い状況について、具体的に紹介します。

 

▶自覚症状が増えてきた

「目が見えにくい」「視力が低下してきた」「いつもモヤがかかっているような気がする」そんな状況で毎日を過ごすのは、不便なだけでなくかなりストレスを感じるはずです。

人によって感じ方は違うものですが、白内障と最初に診断された時と比べて症状が増え、日常生活に支障をきたしているなら手術を受けることを検討しましょう。

白内障は、視力の低下だけでなく人によって異なるさまざまな症状が出る病気であるため、手術を受ける明確な基準がありません。

何らかの不便を感じているなら、一度眼科で相談してみるのがおすすめです。

屋外に出て頻繁にまぶしさを感じている場合も、日常生活において支障をきたしている状態となります。

車の運転はもちろん、買い物や散歩など日常的に行う動作にも危険が伴う可能性が高いので、早めの手術を受けることをおすすめします。

 

▶他にも持病がある

白内障以外の眼疾患や糖尿病などの病気がある方は、早めに手術を受けた方が良いケースがあります。

持病が悪化することで白内障が急激に進行したり、手術を受けることができなくなってしまったりする可能性があるためです。

特に他に目の病気がある場合は、手術によって改善できる程度にも差が出てくるので、説明される内容を理解した上で早期に手術を受けましょう。

一方、これまでに脳卒中や心筋梗塞などの病気をしたことがある方や精神疾患の診断を受けて服薬している方などについては、別で相談が必要です。

血流を良くする薬や精神安定剤などさまざまな薬がありますが、服薬を一旦止めることで大きな影響が出るような場合は手術が受けられないこともあるので、心配な方は眼科だけでなく主治医にも相談しましょう。

白内障と言われたら定期的に検査を受けて手術のタイミングを見極めよう

白内障は必ずしもすぐに手術をする必要はありませんが、支障がないからと放置しておくのは危険です。

自覚症状の出にくい病気なので、不安を感じた場合は一度眼科で検診を受けましょう。

当院では、高度な専門性を有する医療スタッフによる医療の提供を通じて、白内障を主体としつつ数多くの目の病気への治療に対応しております。

特に白内障の日帰り手術に注力しており、多焦点眼内レンズも豊富に取り扱っております。その他硝子体、眼瞼下垂、涙道、緑内障等の治療についても日帰り手術が可能です。

また、明石市のみならず近隣地域(神戸市西区、神戸市垂水区、淡路市等)にお住まいの患者さんからも多くの治療のお問い合わせをいただいております。

 

目の病気にお悩みの方や、治療をご検討中の方はぜひ一度兵庫県明石市の田村眼科までご来院ください。