急に目に光が見えた際の原因や想定される病気の可能性と対処法 | 明石の田村眼科|日帰り白内障・硝子体・涙道再建・緑内障・眼瞼下垂手術

急に目に光が見えた際の原因や想定される病気の可能性と対処法

医療法人瞳潤会 田村眼科
明石イメージ

急に目に光が見えた際の原因や想定される病気の可能性と対処法

特に明るいわけでもないのに、目の中に光が走ったようなまぶしさを感じることがあります。

一度であれば、たまたま何かが反射した可能性もありますが、何度も起こるようであれば、目や脳に病気が隠れているかもしれません。

そこで本記事では、突然視界に光が見えた時の症状や知っておくべき病気などについて解説します。

目に光が見える際の症状

視界の中で突然ピカッと光ったように感じる症状は、周りが暗い時に急に目を動かした時などに出やすいとされています。

「稲妻のよう」や「ピカピカする」など表現は人によってさまざまで、通常痛みなどは伴いません。

昔から、目を強くぶつけた際などに「火花が飛んだ」などと表現する事がありますが、それと似た自覚症状を訴えて受診される方もおられます。

原因と疑われる病気

目の中に光が見えるという症状は目か脳か、二種類の原因に大別されます。

それぞれの疾患の特徴を知っておきましょう。

光視症

目の前に光っているものがないにもかかわらず、視界の一部に突然光が見えたように感じる病気を光視症(こうししょう)といいます。

光視症は、眼球の中を満たしている硝子体(しょうしたい)の変化に起因して起こります。

硝子体はブヨブヨしたゼリー状の組織で、本来目の内側にある網膜に貼り付いた状態です。

しかし、歳を取るとともに少しずつ変質し、徐々に網膜から剥がれ落ちていきます。

この状態を「硝子体剥離」といいますが、硝子体が剥がれる際に網膜が引っ張られ、それが細胞を刺激して光ったようにみえるのです。

硝子体が全て剥がれ落ちてしまえば光視症の症状はなくなるわけですが、引っ張る力が強すぎて網膜が裂けてしまう「網膜裂孔」に発展するケースがあります。

網膜裂孔を放置しておくとその周りから徐々に網膜が剥がれ始め、ついには「網膜剥離」まで進行してしまう可能性も否定できません。特に、飛蚊症が同時期に発生している場合には注意が必要です。

失明してしまう可能性もあるため、光視症の症状を自覚した時点で眼科を受診し、経過観察をしていきましょう。

 

網膜剥離の記事について以下の「網膜剥離の特徴的な症状や疑われる原因と治療法」の記事に詳細を記載しておりますので、併せてご覧ください。

また、硝子体手術の具体的な内容については、コチラの「硝子体手術の内容と注意点」のページをご覧ください。

閃輝暗点・一過性黒内障

閃輝暗点(せんきあんてん)とは、視野の一部に突然波状の光が現れ、徐々に広がった後、その部分が暗く見えにくくなる現象です。

経験した人からは「ギザギザした光」と表現されることが多く、光は5〜20分ほど長くても一時間以内には消失するのが一般的です。

偏頭痛の前兆として出現する症状の一つで、頻繁に偏頭痛が起こる、いわゆる「偏頭痛持ち」の人は経験された事があるかもしれません。

脳の後頭葉に位置する視覚野の血管が収縮し、一時的に虚血状態になることが原因とされています。

一旦収縮した血管が、今度は大きく拡張することで偏頭痛が起こるのです。

一方、明らかに閃輝暗点の症状が出ているのに、続けて偏頭痛が起こらないケースがあります。

これは高齢者に見られる症状で、目や脳に異常が起きている可能性が考えられます。

脳血管疾患の危険性もあるため、なるべく早く受診しましょう。

 

一過性黒内障は、一過性脳虚血発作の一種で、頸動脈に生じた血栓が目に血流を供給している眼動脈に流れることで、瞬間的に血管が詰まった状態となる病気です。

それにより一時的に目への血流が止まり、数秒から数分間目の前が真っ暗になってしまうのです。

その際、目の中で何かが爆発したかと思うほど、まぶしい光が見えることがあります。

ピカッと光った後にブラインドが降りるように視界が暗くなっていき、数分後にはまたカーテンが開くようにゆっくりと明るさが戻ってくるのが特徴的で、ほとんどの人が眼科を受診します。

しかし、実は原因は脳にあるため、より精密な検査が必要となります。

一過性黒内障が疑われる場合は、視力が戻ったからと放置せず、脳梗塞等の頭蓋内疾患の精査のため、必ず脳神経外科や神経内科などを受診しましょう。

対処法・治療法 

閃輝暗点は、現時点では治療法が確立されていません。

しかし、血流の変化による発症を少なくするという意味においては、例えば、血管を収縮させる作用を持つアルコールやコーヒー、チョコレートやナッツ類の過剰な摂取等には注意しておいた方が良いでしょう。

また、ストレスや喫煙などとの関連性も認められているため、自身の閃輝暗点が何によって起こりやすいのか知っておくと安心です。

老化現象の一つである光視症も、同様に治療法はありません。

ただし、網膜裂孔や網膜剥離が見つかった際には、速やかにレーザーや手術等の適切な治療を受ける事が重要です。

光視症が起きた後、目の中にゴミや虫のような黒いものが見える「飛蚊症」や、視野の一部が欠けて見えるなどの症状が現れた場合は、より網膜裂孔や網膜剥離の可能性が高くなるため、注意して経過を辿りましょう。

万が一、一過性黒内障と診断された場合は、心筋梗塞や脳卒中の可能性も考えておかなければなりません。

心臓や脳への影響を最小限に抑えるために薬物治療や外科的治療が行われますが、一過性黒内障を含む一過性脳虚血発作を起こす人の中には、高血圧や糖尿病などの基礎疾患があるケースも多いので、生活習慣の見直しも大切になります。

自己判断せず原因を明らかにすることが大切

閃輝暗点や光視症で留まっている場合はあまり深刻なトラブルにはなりませんが、症状が悪化したり、一過性黒内障であることが判明した場合には、すぐに適切な対処が必要です。

「よくあること」と放置せず、一度でも症状が現れた際には眼科で検診を受けましょう。

 

当院では、高度な専門性を有する医療スタッフによる医療の提供を通じて、白内障を主体としつつ数多くの目の病気への治療に対応しております。

特に白内障の日帰り手術に注力しており、多焦点眼内レンズも豊富に取り扱っております。その他硝子体、眼瞼下垂、涙道、緑内障等の治療についても日帰り手術が可能です。

また、明石市のみならず近隣地域(神戸市西区、神戸市垂水区、淡路市等)にお住まいの患者さんからも多くの治療のお問い合わせをいただいております。

目の病気にお悩みの方や、治療をご検討中の方はぜひ一度兵庫県明石市の田村眼科までご来院ください。