まぶたが垂れる際の原因と想定される病気の可能性と対処法 | 明石の田村眼科|日帰り白内障・硝子体・涙道再建・緑内障・眼瞼下垂手術

まぶたが垂れる際の原因と想定される病気の可能性と対処法

医療法人瞳潤会 田村眼科
明石イメージ

まぶたが垂れる際の原因と想定される病気の可能性と対処法

「最近視界が狭くなった気がする」「なんとなく目が重たい」そんな症状があれば、まぶたの下垂が原因かもしれません。

単純に加齢に伴う症状であれば大きな問題にはなりませんが、実は他にも大きな病気が隠れている可能性があるため注意が必要です。

本記事では、まぶたが垂れてきたと感じた時の症状や、知っておきたい病気、治療法についてまとめました。

まぶたや視界の異変が気になっているという方は、ぜひ参考にしてみてください。

まぶた垂れる際の症状

まぶたは、目の周りにある眼輪筋やまぶたを開く眼瞼挙筋によって支えられています。

それらの筋肉の機能が何らかの要因で弱くなると、まぶた全体が垂れ下がってきたり、上まぶたを十分に上げることができなくなります。

症状は片側の目だけのこともあれば、両目に現れることもあります。

上まぶたの垂れ具合や程度は人それぞれ異なり、一般的に虹彩と呼ばれる茶色の部分まで垂れている状態が「軽度」、黒目にあたるう瞳孔まで被さっていれば「中等度」、完全に瞳孔が隠れている場合は「重度」と診断されます。

症状としては目やまぶたに起こるトラブルですが、中には無意識にまぶたを引き上げようとして眉毛が釣り上がったり、おでこにシワができたりすることもあり、特に女性にとっては大きな悩みの一つとなっています。

原因と疑われる病気

まぶたが垂れる原因として、最も広く知られているのが「眼瞼下垂(がんけんかすい)」でしょう。

その他にもまぶたが垂れてしまう病気があるので知っておきましょう。

先天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂とは、その名前の通り生まれた時から片方、あるいは両方のまぶたが下垂している病気です。

生まれつき眼瞼挙筋の筋力が低下していることや、筋肉に指示を出す神経系にトラブルがあることが原因とされています。

片目だけに症状がある場合は見た目にも発見しやすい病気ですが、先天的に両まぶたが下垂している場合は、親や家族であってもなかなか気付けないケースがあります。

成長に伴って目の見えにくさを訴えたり、本人は普通にしているつもりでも気付けばおでこにシワが寄っていたり、常に顎を持ち上げた姿勢でものを見ようとしたりする仕草がみられることで周囲が気付くこともあります。

腱膜性眼瞼下垂症

まぶたは、眼瞼挙筋によって支えられていると先述しました。

まぶたの外枠は「瞼板(けんばん)」と呼ばれ、正確に言うとこの瞼板を眼瞼挙筋が持ち上げるという仕組みになっています。

さらに瞼板と眼瞼挙筋とを繋いでいる組織が二つ存在し、それぞれ「挙筋腱膜」「ミュラー筋」という名称が付けられています。

何らかの要因で、この挙筋腱膜とミュラー筋の筋力が低下し、まぶたを引き上げる力を瞼板に十分に伝達できないことで常にまぶたが下垂した状態となり、腱膜性眼瞼下垂症と診断されるのです。

生まれつきまぶたが下垂していることを先天性眼瞼下垂と呼ぶのに対し、こちらは後天性眼瞼下垂と呼ばれることもあります。

腱膜性眼瞼下垂には明確な診断基準が存在せず、処置を行うかどうかは診断をする医師の判断に委ねられます。

加齢に伴う筋力の低下が原因ではありますが、人によっては全く気にならないという人もいるため、診察時にはどのような場面で困っているのかを伝えましょう。

また、まぶたの痙攣や肩こり、頭痛など、全身症状を伴うケースも少なくありません。

思い当たることがある場合は、それらも併せて伝えるといいでしょう。

重症筋無力症

難病にも指定されている重症筋無力症は、体内の免疫システムの異常によって自身の細胞を攻撃してしまう自己免疫疾患です。

この重症筋無力症には目の症状を訴える人が多く、中でも「目が開けにくい」「まぶたが下がってくる」など眼瞼下垂の症状が現れます。

これらに加えて「ものが重なって見える」「手足の力が入りにくい」「息がしづらい」などといった症状がある場合は、より重症筋無力症による眼瞼下垂である可能性が高くなるため、なるべく早く受診しましょう。

眼瞼皮膚弛緩症

年を取ると顔や身体の皮膚にたるみが出るのと同じように、まぶたの皮膚もたるみます。

そのたるみのせいで、目をしっかり開けているにも関わらず、皮膚が瞳孔まで覆い被さって見えづらくなる状態を眼瞼皮膚弛緩症といいます。

他の病気に比べると予後がよく、治療も比較的行いやすい疾患といえます。

対処法・治療法

まぶたが垂れてしまい、日常生活に支障をきたしている場合、基本的に手術が第一選択となります。

先天性眼瞼下垂の場合は、眼瞼の挙筋膜と瞼板を縫い付ける「眼瞼挙筋術」や、まぶたを上げるために眉毛を動かす前頭筋を活用する「前頭筋つり上げ術」を行ないます。

腱膜性眼瞼下垂症の場合は、同じく「眼瞼挙筋術」や、ミュラー筋も一緒に縫い付ける「挙筋短縮術」が行われるのが一般的です。

眼瞼皮膚弛緩症の場合はまぶたの余分な皮膚や脂肪を取り除く「重瞼線部分開法」や眉毛の下の皮膚を切除する「眉毛下皮膚切除術」を行いますが、腱膜性眼瞼下垂と併発している人が多いため、手術を組み合わせて行うこともあります。

眼瞼下垂手術の具体的な内容については、コチラの「眼瞼下垂の手術の内容と注意点」のページをご覧ください。」のページをご覧ください。

不安な時は早めに受診して適切な治療を受けましょう

加齢に伴うまぶたのたるみであれば、誰にでも起こる老化現象の一つですが、その背景には異なる病気が隠れている可能性があります。

「最近まぶたがたるんできたな」と軽視せず、特に他にも気になる症状がある場合は早めに眼科を受診しましょう。

 

当院では、高度な専門性を有する医療スタッフによる医療の提供を通じて、白内障を主体としつつ数多くの目の病気への治療に対応しております。

特に白内障の日帰り手術に注力しており、多焦点眼内レンズも豊富に取り扱っております。その他硝子体、眼瞼下垂、涙道、緑内障等の治療についても日帰り手術が可能です。

また、明石市のみならず近隣地域(神戸市西区、神戸市垂水区、淡路市等)にお住まいの患者さんからも多くの治療のお問い合わせをいただいております。

目の病気にお悩みの方や、治療をご検討中の方はぜひ一度兵庫県明石市の田村眼科までご来院ください。