急に目が見えなくなる際の原因や想定される病気の可能性と対処法 | 明石の田村眼科|日帰り白内障・硝子体・涙道再建・緑内障・眼瞼下垂手術

急に目が見えなくなる際の原因や想定される病気の可能性と対処法

医療法人瞳潤会 田村眼科
明石イメージ

急に目が見えなくなる際の原因や想定される病気の可能性と対処法

「目が見えなくなった」と眼科を受診する方は多いですが、詳しく話を聞くと内容は実に多岐に渡ります。

徐々に視力が下がってきたという人も、なんとなくぼやけて見えるという人も、どちらも一言でいえば「目が見えない」に含まれるからです。

しかし、「急に見えなくなった」となると、治療の緊急性は高まります。

今回は、何の前触れもなく突然目が見えなくなってしまう際の症状、病気、対処などについて詳しく解説します。

目が急に見えなくなる際の症状

今まで普通に見えていたにもかかわらず、突然視力が急激に低下したり、目の前が真っ暗になってしまうというのが主な症状です。

一見目の異常だと思われがちですが、中には脳が関係しているケースも少なくありません。

全身性の病気を患っている場合は、それが原因になっている可能性もあります。

いずれにしても急に症状が現れた時には緊急性が高いことが多いため、それぞれかかりつけ医や近くの眼科などをなるべく早く受診するようにしてください。

場合によっては症状が一過性で、安静にしているうちに治まることもありますが、その後大きな病気に繋がるリスクも考えて必ず受診するようにしましょう。

原因と疑われる病気

急に目が見えなくなった時、考えられる病気はいくつかあります。

目に起因するものと脳に起因するものがあるので、それぞれの特徴を押さえておきましょう。

眼底出血

眼底出血とは、眼球の内側にある網膜や眼球の中を満たす硝子体などで出血が起きた時の総称です。

糖尿病や高血圧、それらに起因する動脈硬化が主な原因で、出血が微量であっても部位によっては急激な視力低下や視野の一部が真っ暗になるといった症状が現れます。

原因によっては失明に至る可能性も否定できません。自己判断で処置放置したりせず、なるべく早く眼科を受診しましょう。

網膜剥離

目の中にある硝子体はもともとはゼリー状ですが、加齢とともに性質が液状へと変化します。

それに伴い、本来眼球の内側に張り付いているはずの網膜が引っ張られてしまい、穴が開いて「網膜裂孔」となることがあります

裂孔部位から液状化した硝子体が網膜の外側へ流れ出てしまい、それが原因で網膜が剥がれると、「網膜剥離」という状態になります。

その前段階として、網膜が引っ張られた刺激で目の中に光が走ったように感じる「光視症」や、目の中に虫やゴミのような黒いものが見える「飛蚊症」などの症状が現れることがほとんどです。

他にも、視野の一部が欠損していたり、目の前がぼやけて見えるなどの症状が継続してある場合は、必ず検査を受けましょう。

網膜剥離は、放置すると失明に至ります。

別の病気が隠れているケースも多く、なるべく早い処置が必要です。

 

網膜剥離の詳細についてはコチラの「網膜剥離の特徴的な症状や疑われる原因と治療法」の記事をご覧ください。

急性緑内障発作

「緑内障」とは、眼圧が徐々に上がることにより視神経を圧迫し、視力低下や視野狭窄といった症状が出る病気です。

緑内障の多くは徐々に進行しますが、「急性緑内障発作」では、その症状が何の前触れもなく突然起こると言えば、イメージしやすいでしょう。

急激な視力低下、目の痛み、激しい充血などの目の症状の他、強い頭痛や吐き気を伴うのが特徴で、放置すると一晩~数日のうちに失明に至る可能性がある疾患です。

しかし、実際は目の症状よりも頭痛や吐き気等の全身症状が目立ってしまい、頭痛薬を飲んで様子を見てたり、内科を受診して他の病気と勘違いされてしまったり、と本来必要な治療が遅れるケースも少なくありません。

その間にも病気は進行してしまうため、こういった病気を知っておくことが何より大切です。

急なことで落ち着いて対処するのは難しいですが、頭痛や吐き気が出た際はまず医療機関を受診した上で、目の症状の有無も確認しましょう。

緑内障に関しての症状や治療方法については、コチラの「緑内障の症状と治療方法」のページをご覧ください。

黄斑変性

網膜の一部である黄斑という部分に、異変が現れて発症します。

主な症状としては、目の中心部が暗くて見えにくい、ものが歪んで見える、視力が低下する、といったものが大半です。

放っておくと失明する可能性がある病気ですが、見え方に異常があっても「年のせい」と放置されることが多く、受診しても手遅れとなってしまうことも珍しくありません。

また、黄斑部にむくみが出たり(黄斑浮腫)、大きな出血が起こった場合は、急な視力低下や広範囲に視野障害が出るため、突然見えなくなったと感じるでしょう。

早期に治療することで視力が保たれることが多いので、見え方に異変を感じた時点で病院にかかってください。

加齢黄斑変性の症状や治療方法については、コチラの「加齢黄斑変性症の症状と治療方法・予防方法」のページをご覧ください。

網膜中心動脈閉塞症

網膜全体に広がる動脈が、何らかの原因で詰まってしまう病気です。

動脈が詰まると、目に血液が行き渡らず、1〜2時間で壊死してしまうため、非常に危険な状態です。

特に網膜中心動脈閉塞症の場合は、網膜全域に影響が出るため、一部の欠損などでは収まらず、失明に至る可能性が高いのです。

発症後すぐに治療を行えば高い確率で視力の回復が望めますが、制限時間内に対処できず手遅れになる人が多いのが現状です。

痛みがないからと気軽に捉えず、急に視力低下が起こった時は急いで受診してください。

対処法・治療法

目が急に見えなくなった時、何より重要なのは時間を置かずに眼科を受診することです。

通常、どんな病気であっても、原因が判明した時点でそれぞれに合った治療が行われますが、特に急に見えなくなった場合は一刻の猶予も許されないケースが多くあります。

限られた時間内に処置を行なわないと生涯にわたって視力障害が残ってしまうため、おかしいと感じたら早急に眼科を受診することが大切です。

一分一秒を争うこともあるのですぐに病院へ行くことが大切

何の予兆もなく急に目の前が真っ暗になってしまう、というのは決してよくある症状ではありません。

症状が現れたら、できるだけ早く近くの眼科を受診しましょう。

 

当院では、高度な専門性を有する医療スタッフによる医療の提供を通じて、白内障を主体としつつ数多くの目の病気への治療に対応しております。

特に白内障の日帰り手術に注力しており、多焦点眼内レンズも豊富に取り扱っております。その他硝子体、眼瞼下垂、涙道、緑内障等の治療についても日帰り手術が可能です。

また、明石市のみならず近隣地域(神戸市西区、神戸市垂水区、淡路市等)にお住まいの患者さんからも多くの治療のお問い合わせをいただいております。

目の病気にお悩みの方や、治療をご検討中の方はぜひ一度兵庫県明石市の田村眼科までご来院ください。