後発白内障 | 明石の田村眼科|日帰り白内障・硝子体・涙道再建・緑内障・眼瞼下垂手術

後発白内障の概要・原因・症状や具体的な治療方法

医療法人瞳潤会 田村眼科

後発白内障の概要・原因・症状や具体的な治療方法

白内障は加齢とともにほとんどの人が発症します。

現在では手術成功率も高く適切な時期にしっかりと治療が行える疾患といえます。

しかし、白内障手術に関連して気をつけたいのが、術後の合併症です。

 

そこで本記事では、目の手術後の合併症の一つである「後発白内障」について解説します。

これから白内障手術を受ける予定の方や、術後の目に違和感を抱いている方は、ぜひ参考にしてください。

後発白内障とは

白内障の手術では、水晶体内の濁り部分を除去し、人工の眼内レンズを挿入します。

近年の白内障手術の安全度は高くなっており、ほぼ痛みもなく10分程度で終了する事がほとんどです。

 

他に目の疾患がなければ、白内障手術によって視機能を回復できるのが一般的です。

しかし、時間が経過すると、再び目のかすみや見えにくさを自覚するケースがあります。

この要因の一つが、後発白内障であり、白内障手術を経て細胞単位で残った濁りが増殖し、眼内で広がってしまう疾患です。

後発白内障は珍しい疾患ではなく、術後一定の患者さんに発症します。

後発白内障の症状

後発白内障では、眼内レンズを包む水晶体嚢と呼ばれる部位が混濁します。

見た目の変化としては、水晶体が白くまだらに濁ったように見えます。

また、視力・視界への影響は白内障の初期症状と近いです。

モノがかすんでぼやけて見えたり、光をまぶしく感じたりと視力が低下します。

進行が遅く、軽度の症状であれば気付きにくく、必ずしも治療が必要ではありません。

後発白内障の原因

一般的な白内障手術では、水晶体が入っている袋(水晶体嚢) の前面を円形に切り取ります。

その後、白濁した水晶体を砕いて吸い取り、水晶体嚢の中に眼内レンズを移植します。

水晶体嚢の内側には水晶体上皮細胞が残っており、術後にそれらの細胞が増えて、水晶体嚢の後部(後嚢)に広がると、濁りが生じ視機能の低下を招きます。

 

後発白内障は術後数週間~数年で発生する確率が高いです。

白内障手術を受けた人は誰でも引き起こす可能性があります。

 

同じく白内障手術後の合併症の一つに、前嚢収縮が挙げられます。

切除した水晶体嚢の切開窓が縮小する疾患です。

切開窓周囲に残存する水晶体上皮細胞が炎症した結果、線維性の細胞として増えて、巾着を絞るように切開窓を狭めます。

前嚢収縮が進行すると瞳孔に入る光の量が減り、視力の低下を引き起こします。

前嚢収縮は白内障の手術から半年以内に発症しやすいと言われます。

後発白内障の治療・対処法

後発白内障の発症の有無や状態は、人により様々です。

発症に気づかない程度の軽い症状でとどまることもあれば、視力が落ち、白内障の再発を疑うようなケースも考えられます。

後嚢が多少濁っても視力に支障がなければ、放置してもそれほど問題ありません。

ただし、視力の低下や視界のかすみ・ぼやけが現れた場合は、手術による治療を検討しましょう。

 

後発白内障の治療は、レーザーを利用して行われます。

レーザー用のコンタクトレンズを装着し、混濁した水晶体嚢の後部にYAGレーザーを当てて穴を開けます。

後嚢が切開されて混濁が取り除かれると、穴から光が入るようになり、視力が回復するという仕組みです。

痛みがなく2~3分ほどの短時間で終わるため、外来診療で治療できます。

また、手術後当日から通常の生活を送れる上、他に目の疾患がなければ、視機能を向上させる事が可能です。

 

ただし、術後はレーザーで砕いた水晶体嚢の破片が眼内に拡散し、飛蚊症のような症状が現れることがあります。

この状態は時間の経過とともに改善されるのが一般的です。

 

稀に炎症や眼圧の上昇・網膜剥離など、レーザー治療の合併症を引き起こす場合があるため、術後の経過観察は必ず受診しましょう。

後発白内障の予防方法

後発白内障を確実に抑える予防法は立証されていません。

白内障術後に見にくさを自覚した場合は、まずは医師に相談してください。

当院では白内障の日帰り手術に注力しております。白内障の症状にお悩みの方で日帰り手術をご検討中の方はコチラの「田村眼科の日帰り白内障手術」のページをご覧ください。

白内障手術後の定期検査は怠らずに

術後の定期検診では、視力や他疾患の経過観察と共に、後発白内障についても確認しています。

一般的に、術後の通院は徐々に間隔が開いていきますが、定期検査は怠らず、調子が悪い時はその都度受診するようにしましょう。

 

当院では、高度な専門性を有する医療スタッフによる医療の提供を通じて、白内障を主体としつつ数多くの目の病気への治療に対応しております。

特に白内障の日帰り手術に注力しており、多焦点眼内レンズも豊富に取り扱っております。その他硝子体、眼瞼下垂、涙道、緑内障等の治療についても日帰り手術が可能です。

また、明石市のみならず近隣地域(神戸市西区、神戸市垂水区、淡路市等)にお住まいの患者さんからも多くの治療のお問い合わせをいただいております。

 

目の病気にお悩みの方や、治療をご検討中の方はぜひ一度兵庫県明石市の田村眼科までご来院ください。